TOPICS & NEWS
グループニュース

社会医療法人/社会福祉法人 祥和会

トップページ > 社会医療法人祥和会 > 脳神経センター大田記念病院 > 【大田記念病院】2月13日初出荷! 『大田記念病院が考えた だしつゆ』 寺岡有機醸造から新発売! ~2月6日(水)、天満屋福山店B1「寺岡ファクトリー」で先行発売~
2019
社会医療 脳神経センター大田記念病院 2019.02.06

【大田記念病院】2月13日初出荷! 『大田記念病院が考えた だしつゆ』 寺岡有機醸造から新発売! ~2月6日(水)、天満屋福山店B1「寺岡ファクトリー」で先行発売~

明治20年創業の寺岡有機醸造株式会社(本社:広島県福山市神村町)から、新商品『大田記念病院が考えた だしつゆ』(500ml。オープン価格。参考小売希望価格498円[税別])が、来る2月13日に初出荷されることになりました。

この商品は、既に発売されている「大田記念病院が考えた だしパック」(製造・発売:カネソ22)と同じ原材料を「有機こいくち醤油」の中で煮出した「減塩濃縮つゆ」(※)です。

「だしが必要な手間のかかる料理を、楽々、簡単にする調味料を作る」を開発コンセプトに、大田記念病院の管理栄養士と寺岡有機醸造の開発担当者が、カネソ22の協力の下、昨年夏からプロジェクトを作り、商品を作り上げてきました。

本商品は発売にあたり、一般社団法人せとうち観光推進機構が認定する『瀬戸内ブランド』として登録いただきました。商品パッケージに「瀬戸内ブランド」を取り入れ、広く全国の皆さまに選ばれる商品を目指します。

※通常のこいくち醤油(塩分17.5%)と比較して、塩分を40%カットしています。

 

■だしと醤油の旨みを重視した「だしつゆ」です。

「大田記念病院が考えた だしつゆ」は、有機こいくち醤油をベースにしています。使用される「有機こいくち醤油」は、日本農林規格(JAS規格)の中に定められている有機JAS規格にそって有機と認められたもの。有機大豆、有機小麦、食塩のみを原料とした「生(き)醤油」です。

ここに、先行して発売されている「大田記念病院が考えた だしパック」と同じ配合比の原材料を加え、一定の温度でじっくりと煮出し、「だしのうま味」を有機こいくち醤油にプラスしました。「だしの香り」と「醤油の旨み」を重視した「だしつゆ」です。

だしの旨みを最大限引き出すために、カネソ22も開発に協力。一般の方に販売しているだしパックの原材料を、その粉砕技術で、風味を飛ばさず、さらに細かくした、だし粉を製造し、提供しています。

※「大田記念病院が考えた だしパック」の原材料は、かつお節(鹿児島産)、いわし煮干(瀬戸内産)、さば節(熊本産)、昆布(北海道産)、椎茸(九州産)の5品目。かつお、いわし、さばは遠赤焙煎加工で風味を高め、かつお節、さば節は厚く削り、豊かな風味を出しています。

 

 

■初出荷は2月13日

2月13日の初出荷以降、全国の百貨店、食品スーパー等での取り扱いを目指します。

2月6日、全国への出荷を前に、福山の皆さまへ天満屋福山店地下食品売り場・食彩館「寺岡ファクトリー」にて先行発売をはじめました。皆さま、ぜひ一度お試しください。

また、「寺岡家の醤油」(オンラインショップ)サイトでは、2月13日よりご注文いただけます。

■共同開発のなかで生まれたレシピを

「寺岡家の醤油」(オンラインショップ)サイトで公開

開発段階では、寺岡有機醸造から数種類のだしつゆ試作品が届けられ、大田記念病院の管理栄養士が数多くの料理を作り、「一般のご家庭で喜ばれる味付けになるか」「だしつゆをどの程度に希釈すれば良い味となり、かつ塩分過多にならないか」といった観点から検討し、商品の「味」を決めました。

このとき生まれたレシピを、2月13日12時に「寺岡家の醤油」(オンラインショップ)サイトで公開します。

冷奴やお刺身はそのままで、照り焼・しょうが焼などは、これ一本で味付けできます。
煮物・煮魚、めんつゆ等に使う場合は、水や湯で希釈して使います。

商品概要など詳しいことは、プレスリリースをご覧ください。

ARCHIVE

  • 地域包括ケアシステム
  • 理事長メッセージ
  • 大田記念病院
  • 明神館クリニック
  • 沖野上クリニック
  • 五本松の家
  • 大田記念病院
  • 明神館クリニック
  • 沖野上クリニック
  • 五本松の家