TOPICS & NEWS
グループニュース

社会医療法人/社会福祉法人 祥和会

トップページ > 社会医療法人祥和会 > 脳神経センター大田記念病院 > 【大田記念病院】『医療、ジブンゴト化宣言。』患者さんがご自分のスマホで画像や検査結果、お薬の処方を閲覧できるアプリ「NOBORI」の特設サイトを公開しました。
2019
社会医療 脳神経センター大田記念病院 2019.02.01

【大田記念病院】『医療、ジブンゴト化宣言。』患者さんがご自分のスマホで画像や検査結果、お薬の処方を閲覧できるアプリ「NOBORI」の特設サイトを公開しました。

脳神経センター大田記念病院では、当院の患者さんを対象に、医療情報をスマートフォンで閲覧できるアプリ「NOBORI(ノボリ)」を運用しています。

患者さんがお手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロード後、当院に来院いただき手続きを行うことで、患者さんご本人の画像や検査結果、お薬の処方といった医療情報を閲覧することできます。

このたび、「NOBORI」特設サイトが公開されました。
「NOBORI」に対する病院の思いを、社会医療法人祥和会理事長 大田泰正が述べています。

また、地域の声として、様々な世代の皆様からメッセージをいただきました。

本事業(『医療、ジブンゴト化宣言。』)は、福山市の「実証実験まるごとサポート事業」の支援第一号であり、この意義について、福山市の枝広直幹市長がコメントされています。

福山市民の皆様の健康増進に寄与できるよう、引き続きNOBORI事業に取り組んで参ります。

 

■2019年2月時点では、iPhone、iPadをご利用の方を対象としたサービスです。Android版は後日リリース予定です。

■沖野上クリニックに通院されている患者さんもご利用になれます。

 

 

ARCHIVE

  • 地域包括ケアシステム
  • 理事長メッセージ
  • 大田記念病院
  • 明神館クリニック
  • 沖野上クリニック
  • 五本松の家
  • 大田記念病院
  • 明神館クリニック
  • 沖野上クリニック
  • 五本松の家