ヘッダ

トップ > 診察のご案内 > 脳の症状がみられたら

脳の症状がみられたら

 「頭痛」「めまい」「手足のしびれ」などは、日常生活でよくみられる症状です。
 これらの原因はさまざまであり、中には重篤な病気や、緊急の治療を必要とする場合もあります。
 このため、専門の医療機関で、適切な検査や診療を受けることが重要です。

急におかしな症状がみられたら…脳卒中は”時間が命”

 脳卒中の症状は急にあらわれることが多く、病気になってから治療を開始するまでの時間が短いほど、脳のダメージが抑えられます。
 図のような症状がみられたら、救急車を呼ぶか、できるだけ早期に受診しましょう。
 当院は、365日24時間、脳卒中治療に対応しています。

「頭痛」「めまい」「手足のしびれ」などの気になる症状には

 当院では、脳や神経の専門医が診療を行っています。以下のような症状が気になる方は、当院の外来を受診ください。
 
■頭痛
 
 頭痛と一口に行っても、原因はさまざまです。
 頭痛の多くは緊急性の低い慢性的頭痛(緊張型頭痛、片頭痛など)ですが、時に生命に関わるような病気のサインの場合があります。
 まず、頭痛がどのようなタイプであるのかを知ることが重要です。
 
■めまい
 
 ぐるぐる回る感じ(回転性めまい)や、ふわふわしたりまっすぐ歩けない感じ(浮動性めまい)がするめまい。
 めまいの原因は、内耳(三半規管や耳石器)にあることが多いですが、時に脳の病気の場合があります。
 このため、病気が内耳にあるのか、それ以外なのかを詳しく調べます。
 
■手足のしびれ
 
 手や足のしびれは、頭に原因がある場合もありますが、その他の原因もあります。
 よく見られるのが、首(頸椎)に原因がある場合で、日本人は骨格が小さいため、首の病気になりやすい傾向があります。
 しびれや痛みがひどくならないうちに、検査(MRIなど)を受けて、原因を調べることが大事です。
 

診療のながれ

①問診により、症状や日常生活のご様子を伺います。

 

②神経症状を調べたり、必要があれば、画像診断(MRIやCTなど)を行います。


③診断の結果に応じて、お薬を処方したり、日常生活の指導を行います。


④緊急性が高い場合は、入院していただき、迅速に治療を開始します。